HOME > ソフトウェアパッケージ > 統計解析/グラフ作成 > SigmaPlot (シグマプロット) > 製品概要 > 基本機能
新規購入お見積
アップグレードお見積
SigmaPlot (シグマプロット)
製品概要

基本機能

  1. グラフ作成機能
  2. 統計解析
  3. グローバルカーブフィッティング
  4. ダイナミックカーブフィッティング
  5. アドバイス機能を装備した統計解析機能
  6. 標準曲線マクロ
  7. 改良された 3D グラフのカスタマイズ機能
  8. 高解像度のグラフやデータをウェブ上で共有
  9. クイックトランスフォームの自動更新機能
  1. フォーマット済みのワークシート
  2. 新しいワークシート機能
  3. あらゆる用途に対応できる図表やグラフの作成
  4. SigmaPlot のノートブック機能
  5. インポート/エクスポート機能
  6. 繰り返しの複雑なタスクの自動化
  7. シンボルタイプ
  8. SigmaPlot のレポートエディタ
  9. ページレイアウトと注釈オプション

 

グラフ作成機能

広範なグラフタイプの中から結果に最適なものを選択可能

SigmaPlot には、2D と 3D を合わせて100種類を超えるグラフタイプが用意されています。単純な 2D 散布図から、説得力のある等高線図、フォレストおよびレーダープロットに至るまで、SigmaPlot では研究の厳しい要求にも応えられる専門的なグラフタイプを利用することができます。選択肢が豊富にあるので、お持ちのデータを最適に可視化する表現をいつもで見つけることができます。詳しくはグラフ作成機能をご覧ください。

 

統計解析

統計解析はもやは難解な作業ではありません

SigmaStat をひとつのアプリケーションに統合することで、科学的研究の現場でもっとも良く利用される約50種類の統計学的検定を SigmaPlot で利用することができるようになりました。ソフトウェアに装備されたアドバイザーによって、もっともふさわしい統計学的検定手法が提示されます。生データとインデックス付きデータの両形式に対応していますので、データをフォーマットし直す必要はありません。背後でデータの仮説が事実に反していないかチェックが行われ、もし真であれば、使用すべき正しい検定が提示されます。生成されるレポートは記述的解釈付きで、必要があれば検定ごとに特定のグラフを作成することができます。詳しくは統計解析をご覧ください

Advisor Wizard

 

グローバルカーブフィッティング

SigmaPlot のユーザーインターフェースが刷新され、グローバルカーブフィットを簡単にセットアップできるようになりました。これを使ってユーザーは複数のデータセットに対する単一または複数の方程式パラメータの共有を簡単に設定することができます。

 

ダイナミックカーブフィッティング

非線形カーブフィッティングでは、場合によっては正しくない結果になることが知られています。この問題は、このような間違いが生じたことを必ずしも理解していない点にあります。Dynamic Curve Fitting は、誤った選択をしていないか、そして、もしそうであれば、もっともふさわしいと考えられる当てはめはどれであるかを決定するために設計された機能です。詳しくは、カーブフィッティングと回帰をご覧ください。

 

アドバイス機能を装備した統計解析機能

SigmaPlot は、グラフ作成機能とアドバイス機能付きの統計解析が完全に一体化したものになりました。SigmaPlot には、SigmaStat パッケージのアドバイス付き統計解析機能のすべてと、幾つかの新しい統計機能が組み込まれています。SigmaPlot は、分析のすべての段階を案内してくれますので、統計学の専門家でなくてもパワフルな統計解析機能を実行することができます。

Analysis タブの項目

 

標準曲線マクロ

すでに計算された EC50 値に加え、EC40 や EC60 などユーザーがその他の EC 値を入力し、即座に計算することができます。2つの Five Parameter Logistic 関数が追加されました。さらに、Dynamic Curve Fitting 機能も組み込まれ、難しいカーブフィッティング問題を解く際に役立てることができます。

Standard Curve マクロ

 

改良された 3D グラフのカスタマイズ機能

SigmaPlot の従来のバージョンでは、2D グラフについては、殆ど全てのオブジェクトをマウスをクリックするだけで選択することができましたが、3D グラフについてはそうではありませんでした。SigmaPlot の新しいバージョンでは、3D グラフの全てのオブジェクトに対するマウスによる選択機能と全ての 3D オブジェクトのカスタマイズ機能が追加されました。

 

高解像度のグラフやデータをウェブ上で共有

作成したグラフを単なる GIF や JPEG ファイルではなく、高解像度の動的ウェブページとしてエクスポートすることができます。専用のビューアーを使うことで、ウェブブラウザから直接、グラフに使用されたデータを探索したり、グラフの拡大やパン、あるいは、フル解像度での印刷を行うことができます。アクティブなウェブオブジェクトをグラフから自動的に作成するか、他のウェブページにオブジェクトを埋め込むことができます。

  • グラフの元になるデータも会社の同僚や学生同士で共有できます。
  • イントラネットやウェブサイトを通じてグラフの品質を落とすことなく同僚に完全なレポートをブラウザを利用して印刷させることができます。
  • グラフをエクスポートする際、オプションでパスワードを設定することで、指定されたユーザーだけがデータにアクセスできるようにすることができます。
  • HTML の知識がなくてもウェブドキュメントを作成することができます。SigmaPlot ウェブオブジェクトグラフを既存の HTML ファイルに埋め込むことで、インタラクティブな電子レポートを作成できます。

 

クイックトランスフォームの自動更新機能

各ワークシートには、トランスフォームの入力データに変更が加えられたときは常に自動的に再実行するユーザー定義トランスフォームのリストを保存することができます。

 

フォーマット済みのワークシート

特定のグラフを指定して作成を開始したいと思っているけれども、ワークシートのセットアップ方法が分からないことがあります。SigmaPlot では、まずはじめにグラフを選択すると、それに必要なデータを構成するワークシートがフォーマット済みで提示されます。提示されたワークシートにデータを入力するだけで、即座に目的のグラフが表示されます。この機能からデータフォーマットとグラフタイプの間に強い結びつきがあることが実際に見て分かります。

Quick Start パネル

 

新しいワークシート機能

  • Excel ワークシートデータを SigmaPlot ワークシートへインポート、または、Excel ワークシートを Excel ワークシートのまま SigmaPlot に開くことが可能。
  • ワークシートのセル編集のためのミニツールバー
  • ズーム機能に対応したワークシート
  • マウスホイールによるワークシートのスクロール
  • ワークシートにライン幅を配置し、グラフのカスタマイズに利用可能。
  • ワークシートのセル内に書式テキスト (下付き文字など) を使用可能。

 

あらゆる用途に対応できる図表やグラフの作成

美しいスライドの作成、レポートへのグラフの挿入はもちろんですが、作成されたグラフをドロー・ソフトなどを使ってさらにカスタマイズすることもできます。SigmaPlot がサポートする幅広いファイル形式により、作成したグラフを学術誌や記事、論文等の出版用データとして出力することも可能です。研究成果のプレゼンテーションや出版にこれほど容易で見栄えの良い手段は他にありません。SigmaPlot の Report Editor を使えばカスタマイズされたレポートを作成できます。また、ワードプロセッサ、Microsoft PowerPoint、グラフィックプログラムなど、あらゆる OLE コンテナにグラフを埋め込むことができます。埋め込まれたグラフをダブルクリックするだけで、ドキュメント内のグラフに直接変更を加えることができます。高解像度のグラフをオンラインで送信すれば、他人とデータを共有することもできます。

 

SigmaPlot のノートブック機能

  • SigmaPlot のワークシート、Excel ワークシート、レポート、ドキュメント、回帰ウィザードの方程式、グラフページ、マクロを管理。
  • ドック、リサイズ可能、不要なときは非表示、サマリー情報モードなど幾つかの状態になる新しいダイアログバーベースのノートブック。
  • ドラッグ&ドロップ機能をサポートするブラウザ風のノートブック機能
  • ノートブックのサマリー情報の直接編集。

 

インポート/エクスポート機能

インポート形式

  • Excel, ASCII プレインテキスト、カンマ区切り, MS Access
  • 汎用 ASCII インポートフィルタ
  • SigmaPlot DOS 4.0, 4.1, 5.0 data worksheets, SigmaPlot 1.0, 2.0 Worksheet, and 3.0, 4.0, 5.0, 6.0, 7.0, 8.0, 9.0, 10.0 and 11.0 Windows, SigmaPlot 4.1 and 5.0 Macintosh data worksheets
  • Symphony, Quattro Pro, dBASE E, DIF, Lotus 1-2-3, Paradox
  • SigmaStat DOS and 1.0 worksheets, SYSTAT, SPSS, SAS data set V6. V8, V9, SAS export file, Minitab V8 to V12
  • SigmaScan, SigmaScan Pro, SigmaScan Image, Mocha
  • TableCurve 2D and 3D
  • Axon Binary, Axon Text
  • ODBC 準拠データベースのインポート
  • SQL クエリをテーブルに実行し、必要な情報を選択的にインポート
  • Excel 2007 の SigmaPlot への直接インポート

エクスポート形式

  • Excel, ASCII プレインテキスト、カンマ区切り, MS Access
  • SigmaPlot 1.0, 2.0, and 3.0 for Windows, SigmaPlot 5.0 for Macintosh data worksheets
  • SigmaPlot 7.101, 8.0, 9.0, 10.0, 11.0
  • SigmaScan, SigmaScan Pro, SigmaScan Image, Mocha
  • SigmaStat 2.0, SYSTAT, SAS V6 data set, Minitab V11
  • Vector PDF and HTML export of graphs and reports
  • Symphony, Quattro Pro, dBASE III, DIF, Lotus 1-2-3, Paradox
  • Graph formats: JPEG, GIF, PNG, HTML, TIFF CMYK, TIFF RGB, Bitmap, Metafile (wmf), Enhanced Metafile (emf), PDF, PSD, EPS, PDF ベクトル, SVG, SWF

 

繰り返しの複雑なタスクの自動化

  • 組み込みマクロ言語インターフェースを使用した Visual Basic 互換のプログラミング機能
  • マクロレコーダーによる操作の記録と再生
  • オートメーションオブジェクトの完全サポート: Visual Basic を使用して SigmaPlot ベースのアプリケーションを作成可能。
  • 組み込みマクロの実行、または、独自スクリプトの作成と追加。
  • メニューコマンドの追加とダイアログボックスの作成。
  • ツールボックスリボン:マクロをグループ別のアイテムに分けて表示するのに便利。
  • パワーポイントスライドへのグラフのエクスポート (マクロ)
  • "Insert Graph to Microsoft Word" ツールボックスリボンマクロ
  • Graph ページにおけるキーボードショートカットとワークシートにおける Microsoft Excel とほぼ同じキーボードショートカット

 

シンボルタイプ

  • 100種類以上のシンボルタイプ
  • 半分塗りつぶしと BMW スタイルを含む新たに加わった30種類のシンボルタイプ
  • テキストをシンボルとして利用する際のフォントの編集
  • グラフプロパティダイアログ、ツールバー、凡例ページ、および、シンボルダイアログボックスから直接シンボルにアクセス可能。
  • ダッシュおよびギャップパターン等のラインタイプの追加。
  • ラインカラーとは独立して設定できる棒グラフや面積プロットのための塗りつぶしパターンの追加。

 

SigmaPlot のレポートエディタ

  • 分析に関するあらゆる情報をカット&ペーストまたは OLE を使用して単一のドキュメントに編纂可能。システムフォントを使用して様々な書式、サイズ、色を利用可能。
  • レポートと Excel ワークシート間でテーブルデータを相互にコピー&ペースト可能。
  • 任意のシステムフォントから幅広いスタイル、サイズ、カラーを選択可能。
  • 定義済みスタイルまたはカスタマイズできる新しいテーブル
  • 多くのワープロソフト形式に出力可能
  • デシマルタブ(小数点の桁揃え)、タブリーダー、現在の日付/時刻フィールを追加可能。
  • 垂直および水平方向のルーラ
  • 自動ナンバリング
  • レポートの背景色の変更
  • 改良された書式ルーラ
  • レポートのズーム表示
  • Word 2007 および Word 2010 の内容をレポートに直接ドラッグ&ドロップ可能。

 

ページレイアウトと注釈オプション

  • OLE 2 のコンテナとサーバー
  • 自動またはマニュアルによる表題作成
  • WYSIWYG による編集
  • 複数行テキストエディタ
  • 単一グラフに複数の曲線とプロットを配置可能
  • 単一グラフに複数軸を配置可能
  • ビルトインのテンプレートを使用したグラフの編集
  • 多段階のズーム機能とカスタム・ズーム機能
  • グラフの任意サイズの縮尺
  • グラフの縦横比固定のサイズ変更に伴うグラフ要素の縮尺
  • 整列および位置設定ツール
  • 直線、楕円、ボックス、矢印の描画
  • レイヤー・オプション
  • 1600万色以上のカスタムカラー
  • グラフ内に他のグラフを挿入可能
  • グラフオブジェクトの選択
  • 右クリックによるプロパティの編集
  • 新しいズーム、ドラッグ、パンコントロール
  • マウスホイールを使用したウィンドウのスクロール
  • 右クリックのプロパティによる 3D グラフの編集
  • カラースキーム
  • 他のプログラムで作成された画像オブジェクトの貼り付け