HOME > ソフトウェアパッケージ > 化学/計算化学/バイオ > StarDrop (スタードロップ)
新規購入お見積
StarDrop (スタードロップ)
新しい機能
製品概要 新しい機能

StarDrop 6.4 新しい機能

バージョン履歴

StarDrop 6.4 における新機能と強化された機能は次の通りです。

 

Docking および Alignment

StarDrop の新機能である Pose Generation Interface により、専門家のアドバイスに従った 3次元Docking & Alignment モデルと、データの可視化・2D SAR 解析・2D ADME 予測とのシームレスな連携が、洗練された統合環境にて実現可能となります。

このような環境により、3次元ベースでの複数相互作用評価を、リアルタイムで行っていただけます。また、実測値や各種 ADME 予測値を考慮しながらの Docking ポーズ結果調査が可能となり、重要な結合相互作用の理解を促進します。

Pose Generation Interface の利用により、計算化学者らは、自ら確証した 3次元モデルを、簡単に同僚へ提供することが可能となります。Pose Generation Interface は、以下に示す主要なドッキングシミュレーションソフトウェアとの互換性があります。

  • FlexX™ – BioSolveIT
  • Gold™ – Cambridge Crystallographic Data Centre
  • MOE™ – Chemical Computing Group
  • AutoDock Vina – The Scripps Research Institute
  • POSIT™ – OpenEye Scientific

Pose Generation Interface は、StarDrop6.4 の無償アドオンとして利用可能です。

 

Copy および Paste 機能の強化

Copy & Paste の機能強化により、選択した化合物のいかなる情報 (識別子や構造など) も StarDrop からダイレクトに Copy し、Excel / Word / PowerPoint へ Paste することが可能となりました。この機能強化により、研究結果のプレゼンや情報共有のためのサマリーテーブルを、簡単に作成できるようになります。

 

 

 

 

SeeSAR™ および BIOSTER™ モジュール

タンパク質-リガンド複合体の可視化ツールである SeeSAR モジュールが、さらに機能強化されました。SeeSAR アプリケーションのフルライセンスを所有している場合、StarDrop 内の構造情報やデータを、SeeSAR へとシームレスに転送できます。情報転送後、SeeSAR 画面内にて、結合サイト情報を踏まえた3 次元ベースでの構造編集や、BioSolvIT 社オリジナルの HYDE スコアリングおよび二面角解析などの追加計算が可能となります。SeeSAR タブの ボタンをクリックするだけで、SeeSAR アプリケーションが起動します。また、SeeSAR 画面の ボタンをクリックするだけで、SeeSAR アプリケーション内での計算結果をStarDrop に転送することが可能です。

BIOSTER モジュールもアップデートされ、先例のある変換ライブラリが 28,000 件を超えました。BIOSTER モジュールNova モジュールと組合わせて利用し、オリジナル文献の参照情報を含みます。

 

その他の機能強化や変更点

StarDrop6.4 では、その他にも多くの機能追加や強化が行われました。

  • Enhanced Stereochemistry をフルサポート (読込み・書き出し・編集) しました。
  • パフォーマンスやメモリ利用を、大きく改良しました。この改良により、大規模データセットの利用が、容易になりました。
  • StarDrop の Function Editor に、新たな関数が追加されました。関数追加により、StarDrop 画面内にて直接、テキスト操作やデータ収集、および、条件付きデータによる適切な計算などが可能となりました。toolbar の ボタンをクリックし、新しい関数をご確認ください。