新規購入お見積

Easy Redmine で部門間連携を含めた仕事の見える化(進捗管理)

北日本コンピューターサービス株式会社様

 




 

北日本コンピューターサービス株式会社では、自社開発パッケージシステムの企画・開発・販売・サポートを行っており、複数拠点に分かれている開発部門の仕事の見える化を全社統一していくためのプラットフォームとして Easy Redmine を使用しています。

Easy Redmineを導入したきっかけ

弊社の組織変更として拠点完結型組織から役割分業型組織へ移行することに合わせて、プログラム開発部門で使用していた OSS版 Redmine と無償版 Easy Gantt を全社展開する方向で検討しておりましたが、Easy Redmine では各種プラグインを独自に構築する必要がなく、仕事の見える化プラットフォームが即構築できると判断して導入しました。

Easy Redmine を導入して最もメリットを感じた機能とその理由

今回導入を決めた理由として、仕事の見える化がありますが、プロジェクトを串刺し確認でき、進捗状況を簡単に監視できるようになったことに大きなメリットを感じています。

Easy Gantt とタスク機能は運用ルールの取り決めが大事ですが、それに準じた運用ができると各人のリソースやタスク進捗状況、作業にかかった工数が容易にかつ横断的に確認できるのが便利と感じています。
なお、Easy Gantt からのスケジュール調整が即行えるため、これまで行っていた 1プロジェクト(タスク)ずつ開いて調整するという手間が省けました。

また、 Excel や PDF 出力機能も使いやすく、出力する項目を簡単に選択できるようになりました。
これにより、リストや台帳作成のために2重管理する必要がなくなります。

実際の業務で最も活用されている機能

Easy Redmine で最も活用している機能は、タスク管理と Easy Gantt になります。
これまで曖昧にしていた期日設定を厳格に行うことで、自分のやることが「何で」「いつまでに」行うべきなのか、そして優先度調整を相談する際にも、感覚ではなく明確な情報を見ながら行うためには有用な機能だと考えています。

また、Easy Gantt はタスクのリストを時間軸に置き換えて確認することができるため、 遅延の可能性をキャッチアップしやすくなりました。

全体での利用ではありませんが、一部部門ではリソースマネージメント機能と活用して、仕事を依頼する段階で負荷の掛かり具合を確認しながら依頼者を調整できるが仕事の見える化を行うには、有用な機能だと考えています。

導入した結果/効果

全ての部門へ Easy Redmine の利用が浸透している状況ではありませんが、弊社内に馴染みの深かったエクセルからタスクを一括登録できる機能の配布など行いながら、仕事の見える化を行いやすい環境を整えている状況です。

Easy Redmine へタスク登録を行ってしまえば、Easy Gantt などその情報を見やすくできる環境が提供されていますので、その機能に慣れることで仕事の見通しを立てながら、特定メンバーへの負荷の偏りを見直しする良い機会と捉えています。

今後の展望/製品機能への要望

弊社では、複数の自社パッケージシステムを複数拠点で運用保守しており、お客様へ安心・安定を提供できることをより強く目指しています。

現場では日々多様なタスクが発生していますので、Easy Redmine と現場で発生しているタスクをスムーズに連携させ、組織一丸となってお客様へ安心・安定を提供するための最適な環境を構築していきたいと考えております。

製品機能への要望としましては、日々発生するタスクを API 以外にもインポート機能として利用者が自由に取込できる機能があると良いと考えております。

また、タスクに対するコミュニケーションとして e-mail での通知以外に、Easy Redmine 内でメンションすることでコメントを通知できる機能があれば、作業者のみでは解決しきれないタスクであっても、皆で協力しながら解決に進めることができると考えております。

 

本事例作成に関し、北日本コンピューターサービス株式会社 プログラム開発課 小栁淳平様のご協力に感謝いたします。

(インタビュー:2021 年 2月 25日)

※所属はインタビュー時のものです。

 

関連情報