変更管理をベースとした要件管理システム

agosense.fidelia(アゴセンス・フィデリア)は、現代的なアーキテクチャを持ち、パフォーマンスが高く、ツールチェーンに密に統合可能です。すべてのツールに対するトレーサビリティを統合することで概要の把握が容易になります。

要件ドキュメントを編集するとき、すべての変更は自動的に記録され、タスクまたは変更要求に割り当てることができます。これにより、計画された変更をいつでも再現できます。さらに、ドキュメントが編集される前でも他の依存アーティファクトへの影響や必要な変更を検出できます。

クロスドメイン・トレーサビリティ

トレースと依存関係の作成、管理、表示が agosense.fidelia の重要なタスクです。つまり、関連するすべての開発データのデータウェアハウスまたは中央情報プラットフォームです。

このプラットフォームにより、すべてのアーティファクト間の関係をドラッグ&ドロップで簡単に作成、維持できます。要件、テストケース、UML モデルなどのリンクされた情報は、単一のインターフェイスで関係するすべての人に一目でわかるように表示されます。

データは事実上すべての一般的な ALM ツールから共有でき、agosense.fidelia は開発プロセス全体のすべてのドメインにわたってトレーサビリティ情報を作成、表示できます。

 

agosense.fidelia は、すぐに使える優れた機能とオープンインターフェイスを提供し、既存の開発環境に密に統合できます。従来の手法とアジャイル手法のどちらを使用しているかに関係なく、agosense.fidelia は企業内およびビジネスパートナー内のコミュニケーションも改善します。

 

特長

使いやすさ

agosense.fidelia の設計において主眼に置いたことは、日常の業務でのユーザーへの配慮です。agosense.fidelia の操作は直感的で、一般的なオフィス製品に基づいています。

ツールチェーンへのシームレスな統合

既存のツールチェーンへの統合は、今日の要件管理の重要な側面です。agosense.fidelia にはツールチェーンにシームレスに統合するためのすべての可能性があります。

ビジネスパートナーと要件ドキュメントを定期的に交換するクライアントの場合、agosense.fidelia は ReqIF 標準もサポートし、他のさまざまな形式のインポートとエクスポートの可能性を提供します。

概略のより良い把握&影響の特定

画面の分割や列のトレースなどのユニークなオプションにより、クリアな作業環境が可能です。影響分析は、依存関係を理解し、変更のリスクと影響を事前に特定するのに役立ちます。

チームワークの調整&品質の向上

ドキュメントのコレボレーション、すべての変更の自動記録、統合された承認プロセスにより、チームでの作業が簡素化されます。そして、すべてのプロセスの最適なトレーサビリティを通じて製品の品質が永続的に向上します。

最高のパフォーマンス&高可用性

大量のデータに対する高速な応答時間により、使いやすさとユーザーの受け入れが大幅に向上します。現代的なアーキテクチャにより、agosense.fidelia は市場で効率的でパフォーマンスの高いソリューションになっています。

規制要件に準拠

トレースを作成、視覚化するユニークな機能は、規制された業界の要件を満たすためのベストな前提条件を提供します。例えば、ISO 26262 のソリューションテンプレートは、迅速な実装に役立ちます。

全体コストの低さ

agosense.fidelia は、廉価なライセンスコストを特長とするだけでなく、最新のサーバーとデータベースアーキテクチャにより、メンテナンスと運用のコスト低減を保証します。

 

機能

統合された変更管理

要件ドキュメントを作成、変更する各ステップは、いわゆる「変更セット」に最小単位の詳細まで記録されます。

これらの変更セットは、ALM ツールからのタスク、変更要求、ユーザーストーリーなどにリンクすることができます。これにより、実際に行われた変更を、常に元の計画と比較できます。

これらは、ドキュメントの公式バージョン用に、例えば、レビュー後またはスプリント前などの別のステップでリリースできます。

影響の警告

アーティファクトを変更すると、リンクされたアーティファクトに対する警告が自動的に生成されます。警告には、トリガー変更の発生元と内容に関する情報が含まれています。もちろん、シート内の特定の影響の警告を検索またはフィルタリングすることが可能です。

 

列のトレース

オブジェクトへのトレースは、シート表示の別の列に直接表示されます(トレースタイプ、トレース数など)。例えば、テストカバレッジや不足しているトレースを表示するには、それに応じてフィルタリングできます。これは通常のトレーサビリティ・マトリックスにに比べ、はるかに拡張されています。

レビュー&リリース

記録された変更に基づいて、agosense.fidelia は、新規または変更された要件に対する専用のレビュー、リリースプロセスの実行を可能にします。

したがって、コメントとメモ(望ましい結果が得られるまでの多層的なレビューの場合でも)が、作成者とレビュー担当者の間の直接のコミュニケーションを保証します。

ドキュメントとソリューションテンプレート

agosense.fidelia は、広範なドキュメントテンプレートと完全なソリューションテンプレートの作成を可能にします。

これらのテンプレートを一元化された場所で利用できるようにすることで、事前に設定された属性、ワークフロー、依存関係ルール、さらには様々なレベルのドキュメント構造を定義できます。

ドキュメントの生成、エクスポート、インポート機能

要件ドキュメントをアーカイブ、交換、その他の目的で特定のファイル形式でインポート、エクスポートが可能です。

agosense.fidelia は、HTML、PDF、MS Office、OpenOffice、ReqIF などのさまざまなデータ形式のエクスポートをサポートしています。もちろん、目次、用語集、その他の多くの個別の書式設定オプションもサポートされています。

リアルタイム・コラボレーション

ユーザーは同時に共有ドキュメントで作業できます。すべてのユーザーが行った変更は、ドキュメント内のすべてのアクティブユーザーにすぐに表示されます。

もちろん、agosense.fidelia は同時編集による競合を防ぎ、異なる場所にいるユーザー間の完全なコラボレーションを保証します。

トレース表示画面の分割

要件は通常、UML やテストケースなど、開発サイクルの他のアーティファクトにリンクされています。

agosense.fidelia は、これらのアーティファクトを並べて表示する特別な分割画面モードを提供することでユーザーを支援し、ドラッグ&ドロップで接続できるようにします。

直感的な編集とナビゲーション

agosense.fidelia は、構造化された要件のキャプチャ機能と、ワードプロセッサやスプレッドシートのような一般的に入手可能なオフィス製品の使い方を組み合わせています。

これにより、チームが過去に使用した製品に関係なく、agosense.fidelia への移行が常に簡単になります。

ベースライン、分岐、マージ

agosense.fidelia は、アーティファクトに対するすべての変更を自動的に自動的に記録します。

さらに、要件ドキュメントのベースラインとブランチは、マウスを数回クリックするだけで作成、コンパイルできます(マージ)。これにより、製品の派生とバージョンの定義と管理が容易になります。

もちろん、agosense.fidelia は、ドキュメントのブランチとバージョンを様々な方法で比較するための広範な機能を提供します。

バージョン付きトレース

自動バージョン管理とベースラインの作成により、ドキュメントは特定のバージョンでアーカイブされます。

agosense.fidelia はさらに一歩進んでいます。リンクとトレースもバージョン管理され、後で再生成できるようにベースライン内にリビジョンセーフで保存されます。

 

プラグインアーキテクチャによる拡張

agosense.fidelia の一部は、オープンな標準に基づく広範なプラグインアーキテクチャです。

例えば、独自のメニューオプション、標準の機能の範囲を超える特定の機能やプロセスによって agosense.fidelia を拡張できます。

 

ダイアグラム・エディタ

UML ダイアグラムと他の標準のモデルを agosense.fidelia で直接作成します。

ダイアグラムはいつでも変更できます。agosense.fidelia の変更履歴、バージョン比較などのよく知られた機能も含みます。

 

その他

  • 構成管理
  • ダッシュボード、レポート、メトリックス
  • 包括的なフィルタ&検索オプション
  • ユーザー固有の表示
  • ファイル添付、画像などをドラッグ&ドロップ