HOME > ソフトウェアパッケージ > 化学/計算化学/バイオ > Q-Chem (キューケム)
新規購入お見積
アップグレードお見積
Q-Chem (キューケム)
非経験的 (ab initio) 量子化学計算の統合パッケージ

Q-Chemワークショップ (Q-Chem社来日)


この度、Q-Chem 5.0 のリリースに合わせて、理化学研究所 (埼玉県和光市) にてワークショップを開催します。Q-Chem社の社長であるオーストラリア国立大学の Peter Gill 教授、Q-Chem 社の取締役で、オハイオ州立大学の John Herbert 教授、Q-Chem 社 技術部の Zhiqiang You 博士を講師に招き、午前に4つの講義と午後に演習を予定しています。スケジュールの詳細は下記をご覧ください。

日時 2017年 6月 9日 (金)  9:00~17:00 <募集は終了しました>
(8:50 にはご集合ください)
場所 理化学研究所 (埼玉県和光市)
研究本館 5階会議室 535・537号室
会場地図 : 和光地区周辺地図・構内地図 (理化学研究所 Webサイトへ)
研究本館は建物番号「C01」です。
受講料 無料
内容 下記をご参照ください
言語 英語
準備するもの IQmol がインストールされているラップトップマシンをお持ちください
(午後の演習で使用します)
IQmol は次のサイトからダウンロードしてください: http://iqmol.org/

 

お申込み

Q-Chemワークショップ 申込フォーム

・申込期限:6/8 (木) まで ※ 延長しました

ワークショップ内容

--- 講義 (午前) ---

  • 9:00  開会のご挨拶 (株式会社ヒューリンクス)
  • 9:10 – 9:50  Q-Chem 5.0 の紹介 (講師:John Herbert)
    • 2017年 6月にリリース予定の Q-Chem 5.0 の新機能の概要を紹介します。
  • 10:00-10:40 Q-Chem 5.0 で拡張されたDFT 汎関数とパフォーマンスの改善
    (講師:Peter Gill)
    • Q-Chem 5.0 におけるDFTの新機能の目玉である ωB97M-V汎関数および分子間相互作用のためのD3 分散関数について新たに最適化された強力な減衰関数の概要を紹介します。また、OpenMP並列による振動解析計算や新しいECPコード、さらに GPU を用いた HFエネルギーおよびグラディエント計算のベンチマーク結果も報告します。
  • 10:50-11:30 多体系における非共有結合性の相互作用に対する量子化学計算
    (講師:John Herbert)
    • Symmetry-Adapted Perturbation Theory (SAPT) の概要と Q-Chem に特徴的な SAPT の多体系の一般化について説明します。
  • 11:40-12:20 複雑な環境における分子 (講師:Zhi-Qiang You)
    • Q-Chem に新しく実装された溶媒モデルの最近の応用例を紹介します。

--- 昼休憩 ---

--- 演習 (午後) ----

  • 14:00-14:30 IQmol による量子化学計算の基本的な操作方法
  • 14:40-15:20 密度汎関数 (Density Functionals) およびTDDFT
  • 15:30-16:10 各種相関法 (Correlation methods) およびEOM、ADC
  • 16:20-17:00 複雑な環境における分子

 

 


Q-Chem Workshop (in Japan)

Date&Time June 9, 2017 (Fri)  9:00~17:00
(8:50 Must be in the room below)
Venue Riken (Wako-shi, Saitama)
Main Research Bldg. 5F
Room 535
Map
* "Main Research Bldg." is C01
Fee Free
Contents Please refer to follows
Language English
Preparation Bring your own laptop with IQmol installed (for Practice Session)
Download IQmol from :  http://iqmol.org/

 

Application

(Deadline: June 8)

Q-Chem Workshop Application Form

 

LECTURE SESSION:

--- LECTURE SESSION ---

  • 9:00 am  Opening Remarks - The host, HULINKS
  • 9:10-9:50 am  Introduction to Q-Chem 5.0
    - John Herbert
    • Summary of new features that will be available in the Q-Chem 5.0 release in June 2017
  • 10:00-10:40 am Advanced DFT functionals and performance improvement in Q-Chem 5.0
    - Peter Gill
    • An overview of DFT functionals in Q-Chem 5.0 will be given, with highlights of the performance of wB97M-V functional and the new optimized-power damping function for D3 dispersion for intermolecular interactions. We will also present the benchmark results of parallel OpenMP frequency calculations, the new ECP code, and the GPU accelerations of HF energy and gradients in Q-Chem 5.0 release.
  • 10:50-11:30 am Accurate and efficient quantum chemistry calculations for noncovalent interactions in many-body systems
    - John Herbert
    • Overview of the symmetry-adapted perturbation theory (SAPT) and it's many-body generalization, the latter being uniquely available in Q-Chem
  • 11:40 am-12:20 pm Molecules in complex environments
    - Zhi-Qiang You
    • Recent applications of newly implemented solvation models in Q-Chem

--- 12:20 am-2:00 pm WORKSHOP LUNCH BREAK ---

--- PRACTICE SESSION---

  • 2:00-2:30 pm IQmol - Basic QM Calculations
  • 2:40-3:20 pm Density Functionals / TDDFT
  • 3:30-4:10 pm Correlation Method / EOM / ADC
  • 4:20-5:00 pm Molecules in Complex Environments