HOME > ソフトウェアパッケージ > 化学/計算化学/バイオ > Q-Chem (キューケム)
新規購入お見積
アップグレードお見積
Q-Chem (キューケム)
新しい機能

Q-Chem 4.0 で追加された機能

Q-Chem 4.0.1 のリリース情報はこちらをご覧ください。(12/10/11 )

 

交換-相関汎関数

Exchange-Correlation Functionals

 

DFT アルゴリズム

DFT Algorithms

  • mrXC (多重分解による交換相関:multiresolution exchange-correlation) による高速な交換相関の数値積分 (Shawn Brown, Laszlo Fusti-Molnar, Nicholas J. Russ, Chun-Min Chang, Jing Kong, Section 4.4.7)
  • 2種類の基底関数を段階的に利用した DFT による交換相関項の効果的な計算 (Zhengting Gan, Jing Kong, Section 4.5.5)
  • 異なる基底関数サイズとグリッドサイズ、および、異なるレベルの汎関数を「三段跳び」する高速な DFT 計算 (Jia Deng, Andrew Gilbert, Peter M. W. Gill, Section 4.8)
  • ARI (atomic resolution of the identity) アルゴリズムによる高速な DFT と HF 計算

 

POST-HF: 結合クラスター法と運動方程式

POST-HF: Coupled Cluster and Equation of Motion

  • 結合クラスター法のソースコード書き換えによるパフォーマンスの大幅な改善と、多数のモジュール (CCSD のエネルギー計算と勾配計算、EOM-EE/SF/IP/EACCSD, CCSD(T) エネルギー) のマルチコアシステムへの対応。(Evgeny Epifanovsky, Michael Wormit, Tomasz Kuz, Arik Landau, Dmitri Zuev, Kirill Khistyaev, Ilya Kaliman, Anna Krylov, Andreas Dreuw, Chapters 5 and 6 (新しいコード名は CCMAN2)
  • FNO (Frozen Natural Orbital) による高速で正確な結合クラスタ計算 (Arik Landau, Dmitri Zuev, Anna Krylov, Section 5.9)

 

POST-HF: 強相関

POST-HF: Strong Correlation

  • 強相関問題のための Perfect Quadruples 法と Perfect Hextuples 法 (John Parkhill, Martin Head-Gordon, Section 5.6.1)
  • 多重結合の解離のための CCVB (結合クラスタ原子価結合:Coupled Cluster Valence Bond) 法と関連手法

 

DFT 励起状態と電荷移動

DFT Excited States and Charge Transfer

  • TDDFT による励起状態の核勾配 (Yihan Shao, Fenglai Liu, Zhengting Gan, Chao-Ping Hsu, Andreas Dreuw, Martin Head-Gordon, Jing Kong, Section 6.3.1)
  • 電荷移動反応を研究するための帯電状態の直接カップリング (Zhi-Qiang You, Chao-Ping Hsu, Section 10.17.2)
  • Tamm-Dancoff 近似に基づく TDDFT 法において、解析的な励起状態ヘシアンを導入 (Jie Liu, Wanzhen Liang, Section 6.3.5)
  • MOM (最大重複法:maximum overlap method) による励起状態の自己無撞着計算 (maximum overlap method) (Andrew Gilbert, Nick Besley, Peter M. W. Gill, Section 6.5)
  • 拘束電荷状態間において配置間相互作用がある反応の拘束条件付き DFT による計算 (Qin Wu, Benjamin Kaduk, Troy Van Voorhis, Section 4.9)
  • 励起状態における電荷移動の TDDFT 法による重なり解析 (Nick Besley, Section 6.3.2)
  • Boys と Edmiston-Ruedenberg の局在化スキームによる非断熱状態の局在化 (Joe Subotnik, Ryan Steele, Neil Shenvi, Alex Sodt, Section 10.17.1.2)

 

波動関数ベースの励起状態

Wavefunction-Based Excited States

 

溶媒和

Solvation

 

巨大な系

Large Systems

 

構造最適化計算、振動計算、動力学計算

Optimizations, Vibrations and Dynamics

 

解析ツール

Analytical Tools

 

最新コンピュータ環境のサポート

Support for Modern Computing Platforms

  • 共有メモリ並列計算による DFT/HF (Zhengting Gan, Yihan Shao, Jing Kong) および RI-MP2 (Matthew Goldey, Martin Head-Gordon) のマルチコアシステムにおけるパフォーマンスの向上 (Section 5.12)
  • GPU (graphic processing unit) による RI-MP2 計算の高速化 (Roberto Olivares-Amaya, Mark A. Watson, Richard G. Edgar, Leslie Vogt, Yihan Shao, Alan Aspuru-Guzik, Section 5.5.3)

 

グラフィック・ユーザーインターフェース

Graphic User Interface

  • オーストラリア国立大学 Andrew Gilbert 氏が設計した無償グラフィカルユーザーインターフェース IQmol を新たにサポート。詳しい情報は IQmol 公式サイト (www.iqmol.org) をご覧ください。

 

関連情報

新機能の詳細は下記をご覧ください。