導入事例

 

ケースの詳細/ストーリー
Cendio ThinLinc は、デンマークでよく知られたアニメーションスタジオに、 Linux リモートデスクトップを通して安全で制御されたインターネットを提供

クリエイティブ産業
ーアニメーションスタジオ

ビデオ, アニメーション,
Firefox, Chrome, セキュアで監視された
インターネットブラウザ
目標
安全で監視されたインターネット閲覧をユーザーに提供する。ユーザーが作業しているマテリアルのデリケートな性質のため、ワークステーションはインターネットに直接アクセスできないようにしたい。
前提条件
ユーザーは、ローカルに独自のグラフィカルアプリケーションを備えたUbuntuワークステーションを持っていました。スタジオはユーザーにインターネットアクセスを提供する必要がありましたが、機密データの管理に関するリスクがありました。
結果
ユーザーは、ThinLincソリューションを通してFirefoxとChromaにアクセスし、インターネットにアクセスします。これにより、スタジオはユーザーに安全で監視されたインターネット閲覧を提供します。

追加情報と他の潜在的利用法:
このソリューションは、インターネットの使用をコントロールすることが重要となるような同様のケースに役立ちます。 これには、著作権やその他の機密事項に敏感な資料を扱うようなケースも含まれます。

 

新しい映画のリリースは、映画ファンのコミュニティに興奮を引き起こします。グランドプレミアの前に生成されたこの好奇心は、エンターテイメント業界の特徴です。「サプライズ効果」はより高い収益を意味することがあるため、この業界の収益源はコンテンツ配信のコントロールに直接リンクしています。アニメーション業界は、制作されたコンテンツを確実にコントロールするために、制作プロセスからリリースまで、安全で信頼できる IT ソリューションを採用する必要があります。アーティストの制作物を保護するために、コペンハーゲンに拠点を置くスタジオ Ghost VFX は、 Cendio が開発した ThinLinc を使ってリモートデスクトップ Linux ソリューションを構築しました。

ThinLinc は、 Ghost のワークステーションのユーザーにコントロールされた安全なインターネットを提供するために導入されました。ワークステーションはインターネットに直接接続されていないため、 ThinLinc を使用すると、 Ubuntu サーバーで実行されている XFCE デスクトップ上の Chrome / Firefox ブラウザーを使ってインターネットサービスにアクセスすることができます。社内のユーザーは、実際にはリモートでアプリケーションを実行しているにもかかわらず、ブラウザーのパフォーマンスはローカルで動いているように思える、と報告しています。 Cendio のプロダクトオーナーである Pierre Ossman は、「主な製品の特性によると、 ThinLinc はローカルセッションと区別がつかないようなパフォーマンスと機能を備えています」と述べています。「私たちの努力はこの方向に進んでいます」と付け加えています。

Ghost システムの開発者の Jimmy Christensen 氏は、 ThinLinc を選択する際に、価格、ライセンスモデル、速度などの要素を考慮したと報告しています。さらに、彼によって ThinLinc のパフォーマンスが肯定的に評価されました。

同社の Web サイトに記載されているように、「1999年に設立されて以来、 Ghost はヨーロッパで有数の視覚効果スタジオの1つに成長しました。60を超える長編映画やテレビ番組への貢献により、弊社はフルサービスの視覚効果スタジオです。」

ThinLinc の主な機能は、ローカルでの操作性に加え、あらゆるデバイスまたはシステムとの互換性、安全性、信頼性、堅牢性、管理と使用の容易さ、迅速なサポート、誠実で明確なドキュメントです。 Cendio の現在の使命は、利用可能な最高の Linux リモートデスクトップサービスを提供することです。無料で使用できるのは、同時4ユーザーまでで、それ以外の制限はありません。 ThinLinc が世界中の他の組織、ユーザー、 IT 開発者にどのようにメリットをもたらしているかについては、 www.cendio.com をご覧ください。

 

 

ケースの詳細/ストーリー
費用対効果の高い開発環境

会社概要 ► 業種:製造|設立:1937年|社員数:13,000人| www.saabgroup.com

 

Saabはグリペン戦闘機の開発に Cendio 社の Thinlinc を採用

Saab 社は Cendio 社のシンクライアント・システムである ThinLinc を、グリペン戦闘機の開発のための開発ソフトウェアとデスクトップの仮想化を提供する基盤として採用しました。

 

大幅な統合

ThinLinc を使うことで、 Saab は異なる OS を必要とするさまざまなツールによって引き起こされる問題を劇的に減らすことができました。

これまでは、特別な作業スペースで必要とされるものは、開発者が自分たちのオフィスにさまざまなコンピューターを並べて作業することを強要していましたが、現在では1つの共通のデスクトップ環境で作業できるようになりました。 Linux ベースの仮想化ツール、Unix 上で動作する解析ソフトウェア、 Windows ベースの設計・デザインツールは、すべてが Cendio 社と Saab 社によって構築された環境で共存できるようになりました。

 

高度な作業のためのシンクライアント

Cendio 社の ThinLinc を Saab 社が選択したことは、高度で、パフォーマンスが重要な作業においてもシンクライアントが有効であることを示しています。グリペン戦闘機の開発者は、シンクライアントのメリットに満足しています。システムの冗長化や作業場所の柔軟性を実現できるだけでなく、3D ベースでグラフィックスが重視されるアプリケーションでも十分なパフォーマンスが維持できるているためです。

 

Saab について

Saab は、国防から民間セキュリティまで、最先端の製品、サービス、ソリューションを世界中に提供しています。 Saab の社員は全大陸で働いており、変わり続ける顧客ニーズに合致する新しい技術を開発し続けています。

グリペン多用途戦闘機は、最初に運用が始まった新世代戦闘機です。現在と未来の教区に対する要求を満たすように設計され、同時に、安全性、信頼性、教育の効率、低い運用コストの厳しい要求を満たしています。グリペンは、スウェーデン、チェコ、ハンガリーの空軍で使用されており、南アフリカとタイでの導入も決まっています。イギリスのテストパイロット学校では、世界のテストパイロットのトレーニングプラットフォームとしてグリペンを使用しています。

「ThinLinc は、開発プロセスで必要としている、仮想化ソリューションに基づいた、費用対効果の高い、柔軟なシンクライアントを与えてくれました。」
―  Sofia Thom, Head IS/IT Strategist, Saab