HOME > ソフトウェアパッケージ > 質的データ解析/その他 > ThinLinc (シンリンク)
ThinLinc (シンリンク)
Linux 用リモートデスクトップサーバー

他の OS から Linux へのアクセスを提供する
リモートデスクトップサーバー

 

ThinLinc はサーバーベースのコンピューティングインフラストラクチャを組織が導入するためのソフトウェア製品です。コンピューティングリソースをエンドユーザーに分散させるのではなく、データセンターに集中させることで、ITシステムの効率性、安全性、アクセス性が向上します。エンドユーザーのデスクトップやアプリケーションは中央から公開され、ユーザーが接続しているデバイスや場所に関わらず、シームレスで使い慣れた環境を提供します。また、サーバーベースのソリューションが持つ冗長性により、可用性も大幅に向上します。

 

データを安全に管理します

リモートアクセスにより、ユーザーは海外旅行中であっても、自宅で仕事をしていても、顧客先で仕事をしていても、組織の外からデスクトップやアプリケーションにアクセスすることができます。ドキュメントやデータはサーバー側で安全に管理されているため、信頼できないネットワークやマシンから接続しても、機密情報がクライアントデバイス上に残ることはありません。クライアントデバイスを紛失したり破損した場合でも、データはサーバー上に残り、いつでもアクセス可能です。

 

ThinLinc はユーザーにマシン間の移動を容易にします



ThinLinc によって、組織内でユーザーは同じデスクトップを表示したまま、マシン間を簡単に移動することができます。そのとき、各アプリケーションやマウスカーソルでさえも、そのままの状態を維持することができます。全ての処理能力がサーバールームにあるため、ユーザーはリソースを多く消費するタスク実行するために高価なハードウェアをクライアント側に所有する必要がありません。管理者は、数多くの独立した PC を管理する必要がなくなり、中央の一箇所からメンテナンス作業を行うことが可能になります。

 

機能

ThinLinc はシングルマシンまたはクラスタ構成でインストールされ、クライアント/サーバ構成を使用してデスクトップ、データ、ソフトウェアへのアクセスを提供します。リソースはいくつかの専用技術を使って中央からシームレスかつ効率的に公開されます。

典型的な ThinLinc 導入の概要を動画で説明します。

 
 

ThinLinc のセッションは、オープンソースの VNC プロトコルの実装を使用してクライアントに公開されます。ThinLinc サーバーを経由して、他の Linux マシン、Windows マシン、OSX マシン、スーパーコンピューターなどに接続できます。


クライアント-サーバ間のすべてのトラフィックは、暗号化された SSH(Secure shell)トンネルを介して送信されるため、VPN のような追加のセキュリティレイヤーを必要としません。(Web ブラウザ経由でのアクセスを可能にするセットアップでは、http をセキュアにすることで実現できます)


オーディオはネットワーク透過型のサウンドシステムを使用してクライアントに送信されます。ほとんどの最新のアプリケーションのオーディオ出力をサポートしています。

マルチエージェント形式の ThinLinc クラスタの場合、セッションはクラスタ内のエージェント間で自動的に負荷分散されます。これにより、冗長性、スケーラビリティ、効果的なリソースの割り当てが保証されます。また、エージェントを複数のサブクラスターにグループ化することも可能です。