HOME > ソフトウェアパッケージ > 数式処理/開発環境/ライブラリ > Mathematica (マセマティカ)

ヒューリンクス主催
Mathematica セミナー

このマークをお確かめください
Wolfram 正規販売代理店は、販売代理店の中でも特に広範な知識を持ち経験豊富な販売代理店のみが、審査のうえで認定されます。
Wolfram Certified Sales Partner 2015
新規購入お見積
アップグレードお見積

Mathematica Journal セレクション
厳選記事を日本語でご紹介
Mathematica (マセマティカ)
新しい機能

v8 で追加された機能

Mathematica 8 では形式にとらわれない自由な言語で入力できる全く新しい計算手段が導入されました。平易な英語を入力するだけで、即座に結果を得られます。 バージョン8 では、新たに 500 の関数と、世界最先端の統計機能や最新の画像処理技術をはじめとする 7 つの応用分野が加わりました。

Instant Results with Free-Form Input
Advanced Image Processing

自由文(英語のみ)によるコンピューティング

  • 簡単な英語の入力(Mathematica 構文が不要)
  • 知識と計算の統合
  • Wolfram|Alpha との融合

応用分野の拡大

  • 包括的な画像処理環境
  • グラフとネットワーク
  • 統合ウェーブレット分析
  • ビルトインのファイナンス計算
  • 制御システム設計
  • インポート・エクスポートフォーマットの拡大

グラフィックス&可視化

  • 統計の可視化の新しい表現
  • 可視化機能の向上
  • インタラクティブなファイナンスのグラフ
  • イラストと描画ツールの拡張
  • 2D グラフと3D グラフの拡張

コア・アルゴリズム

  • 確率と統計の関数の拡張
  • パラメータ評価と検証
  • 他のシステムよりも幅広い分布関数
  • 群論アルゴリズム
  • 独自の分布関数を定義可能
  • コア・アルゴリズムの向上

ソフトウェア開発

  • 高速化したコンパイル機能
  • C 言語ワークフローとの統合
  • SymbolicC
  • ダイナミックライブラリ(DLL)の利用
  • CUDA とOpenCL のサポート
  • Mathematica Shell Scripts

インターフェース

  • セル挿入の補助
  • 新しい起動画面
  • ワードプロセッシング能力の向上

関連情報

新機能の詳細は下記をご覧ください。