HOME > ソフトウェアパッケージ > 数値データ解析/可視化 > Igor Pro (イゴールプロ)
新規購入お見積
アップグレードお見積
Igor Pro (イゴールプロ)
オプション製品

IGOR Filter Design Lab (IFDL)

製品はダウンロード/英語版です。

IGOR Filter Design Lab (Version 4) は、IGOR Pro で Finite Impulse Response (FIR)と Infinite Impulse Response (IIR) の設計、適用、評価を行う拡張ライブラリであり、拡張コマンドです。IGOR Filter Design Lab は、IGOR プロシージャ と XOP (外部関数) ファイルから構成されます。

  • IFDL のアプリケーションは、外部プログラムやハードウェアで使用する FIR フィルタ、IGOR 内部で使用するデータの FIR フィルタをデザインし、デジタル・シグナル・プロセッシング (Digital Signal Processing) 技術を用いて検査をおこないます。
  • バージョン 4より、無限インパルス応答フィルタ(IIR: Infinite Impulse Response)の設計も可能になりました。
※IFDL 4 を利用するには、IGOR Pro 4.06A 以降が必要です(IGOR Pro 4 用アップデータは CD-ROM に含まれています)。Mac OS 8.6 以降(Mac OS X を含む)および Windows 95 以降の OS で動作します。

IFDL ユーザーインターフェイス

IFDL 4 では、ユーザーインターフェースが新しくなりました。IGOR Pro 4 のユーザー設定コントロール(プッシュボタン、ポップアップメニュー、SetVariable コントロール)を利用しています。

IFDL のデザイン Experiment

IFDL は、以下の技術を用いて FIR フィルタを設計することができます。

  • Kaiser's Maximum Flatness design.
  • Kaiser's window method.
  • McClellan-Parks-Rabiner equiripple method:
    • arbitrary response
    • bandpass
    • band reject
    • differentiators
    • highpass
    • Hilbert transformers
    • lowpass
    • multi-band
  • Window method using these standard windows:
    • Hanning
    • Kaiser[ß=1]
    • Parzen
    • Rectangular
    • Welch
      (ユーザーは簡単に他のウインドウを追加することができます。)

IFDL4 は、古典的アナログフィルタ設計の双一次 (bilinear) 変換を用いて、IIR フィルタを設計することができます。

  • Bessel
  • Butterworth.
  • Chebyshev.
  • Notch-only.

これら新しい IIR フィルタは、Direct Form I 又は Cascaded Bi-Quad Direct Form II フィルタを使用して実装できます。

即時評価

IFDL は、フィルタそのものを実行したいときはもちろん、フィルタ設計においてパラメータを変更するようなときも、選択された理論データ又は実データに対して現在表示されているフィルタデザインを自動的に適用します。フィルタがデータに対してどのように影響するかを確認しながらフィルタを設計することができます。

フィルタの比較

IFDL は2つの FIR フィルタについて frequency、impulse、step responses をグラフィカルに比較できます。

フィルタの適用

ユーザーは、保存された設計フィルタの係数を読み込み、それらをデータと結合することによって他の Experiments にも設計されたフィルタを適用することができます。

IGOR Filter Design Lab (Version 4) 動作環境

IGOR Pro 4.06A 以上が必要です。

対応 OS:

  • Mac OS 8.6 以降(Mac OS X 対応)
  • Windows 95 以降