HOME > ソフトウェアパッケージ > 地球科学 > RockWorks (ロックワークス) > 製品概要 > その他の地質学ツール
新規購入お見積
アップグレードお見積
RockWorks (ロックワークス)
製品概要

その他の地質学ツール

ステレオネット、ローズダイアグラム、パイパーダイアグラム、シュティフダイアグラム、座標変換など様々な機能が装備されています。


3D オブジェクト

RockWorks の OpenGL ツールを使えば、他の 3D 画像(ソリッド、サーフェス、フェンス等)と組み合わせ可能な 3D オブジェクトを作成できます。

  • ラスタ画像のフローティングとドレープ
    ラスタ画像をグリッドサーフェス上にドレープしたり、ユーザー指定の深度にフローティングさせることができます。
    3D 鉱体と地層ブロックモデル上にフロートさせたビットマップ画像(空中磁気等高線図)

  • ラスタ画像パネル
    ラスタ画像を水平または垂直パネルとして表示させることができます。手描きの断面図を表示する場合に便利です。
    パネルプログラムによって地層柱状図(半透明)と共にプロットされたビットマップ画像(ペイントプログラムによって作成:左上・右上の図を参照)

  • 水平または垂直のタンク
    浄化サイトにおける汚染プルーム、監視坑井、およびサイトマップ上に描かれた漏出貯蔵タンク

  • サーフェスオブジェクト
    建物、道路、壁、タンクなどシンプルな 3D オブジェクトを作成できます。
    地中ソリッド、帯水層、柱状図と共に表示された建物、道路、タンク

  • 縮尺可能な球体
    球体で表現された地震の震源地。地震のマグニチュードに比例して色とサイズを縮尺して表示。

  • チューブ(トンネルと軸の表示)
    キンバーライトパイプのソリッドモデル。チューブは坑跡を表現。

  • 方向性をもつオブジェクト(化石)
    方向性をもつ 3D オブジェクト

  • その他:3D の三角形や立方体

グリッドモデル・ツール

RockWorks には XYZ データをもとにグリッドモデルを作成する豊富なツールやユーティリティが装備されています。

グリッド補間アルゴリズム

  • 三角分割(Triangulation)
  • 逆距離(Inverse distance)
  • 方向加重(Directional weighting )
  • クリギング(自動ヴァリオグラムフィッティング)
  • 最短点(Closest-point)
  • Distance-to-point
  • 複数線形回帰

多項式トレンドフィッティング

  • 1次から6次のオーダーで多項式のサーフェスを作成
  • 1次から6次のオーダーで多項式の残差(residual)を XYZ ファイルに作成
  • 多項式回帰/残差の「適合度(goodness-of-fit)」レポートを作成
    様々なオーダーの
    多項式サーフェス

  • 多項式補正(Polynomial Enhancement):
    • トレンドフィッティング解析の残差がグリッド化され、多項式サーフェスに追加されます。
    • 局所トレンドを領域に投影させるメリットは、制御点がなくても局所領域の精度を保持できる点です。
      多項式補正の例

グリッドモデルフィルター

  • Z 軸の高低値の除去
  • ポリゴン内外の値のフィルタリング
  • 他のモデルにもとづく Z 値のフィルタリング
  • 「what-if」シミュレーションのためのモデルのブール(真/偽)モデルへの変換
  • スムージングフィルタ
  • 丸めフィルタ
  • ユーザー指定の範囲と間隔にもとづく再サンプル
    グリッド制限フィルタ例

グリッドモデル計算

  • 領域
  • 体積
  • 残差
  • 自動例外検知

インタラクティブなグリッドエディタ

  • グリッドノード値をグラフィック環境でインタラクティブに編集できます。
    RockWorks 2006 の
    グリッドエディタ

傾斜および走行モデル

サーフェスモデルの傾斜と走行を計算し、以下を作成できます:

  • 勾配マップ
  • 走行傾斜マップ
  • 2D フローダイアグラム
  • 3D フローダイアグラム
    グリッドモデルをもとに推定された サーフェスフローマップ

グリッドモーフィング

  • 異なるグリッド間を変化するグリッドモーフィングを作成できます。モーフィングは GIF アニメーションにエクスポートできます。
    RockWorks で作成されたアニメーション GIF

グリッドモデリング・アルゴリズム

RockWorks のグリッド作成ツールには、豊富な補間アルゴリズムが用意されています。

グリッドモデリング・アルゴリズム
境界補間なしの三角分割(制御領域 Z 外部のノード値は制御点Zの最小値に設定)
境界補間なしの三角分割と2次多項式補正
境界補間ありの三角分割(制御領域外部のノード値は逆距離二乗により設定)
境界補間ありの三角分割と2次多項式補正
逆距離 – 指数 = 1.0
逆距離 – 指数 = 1.0 = 2次多項式補正
逆距離 – 指数 = 2.0
逆距離 – 指数 = 2 – 2次多項式補正
逆距離 – 指数 = 4.0
逆距離 – 指数 = 2 – 2次多項式補正
最短点(Closest point)
最短点 – 2次多項式補正
方向加重(45度 – 重み = 1.0)
方向加重(45度 – 重み = 1.0) – 2次多項式補正
方向加重(45度 – 重み = 2.0)
方向加重(45度 – 重み = 2.0) – 2次多項式補正
方向加重(45度 – 重み = 3.0)
方向加重(45度 – 重み = 3.0) – 2次多項式補正
方向加重(135度 – 重み = 1.0)
方向加重(135度 – 重み = 1.0) – 2次多項式補正
方向加重(135度 – 重み = 2.0)
方向加重(135度 – 重み = 2.0) – 2次多項式補正
方向加重(135度 – 重み = 3.0)
方向加重(135度 – 重み = 3.0) – 2次多項式補正
1次傾向面多項式(1st-order trend-surface polynomial)
1次多項式残差(1st-order polynomial residuals)
2次傾向面多項式(2nd-order trend-surface polynomial)
2次多項式残差(2nd-order polynomial residuals)
3次傾向面多項式(3rd-order trend-surface polynomial)
3次多項式残差(3rd-order polynomial residuals)
4次傾向面多項式(4th-order trend-surface polynomial)
4次多項式残差(4th-order polynomial residuals)
5次傾向面多項式(5th-order trend-surface polynomial)
5次多項式残差(5th-order polynomial residuals)
6次傾向面多項式(6th-order trend-surface polynomial)
6次多項式残差(6th-order polynomial residuals)
点までの距離(Distance to point)
   
  1. 境界補間なしの三角分割(制御領域 Z 外部のノード値は制御点Zの最小値に設定)
  2. 境界補間なしの三角分割と2次多項式補正
  3. 境界補間ありの三角分割(制御領域外部のノード値は逆距離二乗により設定)
  4. 境界補間ありの三角分割と2次多項式補正
  5. 逆距離 – 指数 = 1.0
  6. 逆距離 – 指数 = 1.0 = 2次多項式補正
  7. 逆距離 – 指数 = 2.0
  8. 逆距離 – 指数 = 2 – 2次多項式補正
  9. 逆距離 – 指数 = 4.0
  10. 逆距離 – 指数 = 2 – 2次多項式補正
  11. 最短点(Closest point)
  12. 最短点 – 2次多項式補正
  13. 方向加重(45度 – 重み = 1.0)
  14. 方向加重(45度 – 重み = 1.0) – 2次多項式補正
  15. 方向加重(45度 – 重み = 2.0)
  16. 方向加重(45度 – 重み = 2.0) – 2次多項式補正
  17. 方向加重(45度 – 重み = 3.0)
  18. 方向加重(45度 – 重み = 3.0) – 2次多項式補正
  19. 方向加重(135度 – 重み = 1.0)
  20. 方向加重(135度 – 重み = 1.0) – 2次多項式補正
  21. 方向加重(135度 – 重み = 2.0)
  22. 方向加重(135度 – 重み = 2.0) – 2次多項式補正
  23. 方向加重(135度 – 重み = 3.0)
  24. 方向加重(135度 – 重み = 3.0) – 2次多項式補正
  25. 1次傾向面多項式(1st-order trend-surface polynomial)
  26. 1次多項式残差(1st-order polynomial residuals)
  27. 2次傾向面多項式(2nd-order trend-surface polynomial)
  28. 2次多項式残差(2nd-order polynomial residuals)
  29. 3次傾向面多項式(3rd-order trend-surface polynomial)
  30. 3次多項式残差(3rd-order polynomial residuals)
  31. 4次傾向面多項式(4th-order trend-surface polynomial)
  32. 4次多項式残差(4th-order polynomial residuals)
  33. 5次傾向面多項式(5th-order trend-surface polynomial)
  34. 5次多項式残差(5th-order polynomial residuals)
  35. 6次傾向面多項式(6th-order trend-surface polynomial)
  36. 6次多項式残差(6th-order polynomial residuals)
  37. 点までの距離(Distance to point)

その他のソリッドモデル・ツール

RockWorks には XYZG データを 3D ソリッドモデルとしてモデリング、解析、表示するための豊富なツールが用意されています。

データタイプ、モデリングアルゴリズム

RockWorks 3D ソリッドモデリングユーティリティは、RockWorks データシートとリンクされた坑井データファイル、または、既存の XYZG データファイルから XYZG データを読み込みます。利用可能な 3D ソリッドモデリング法は次のとおりです:方向加重、異方性または等方性をもつ逆距離、および、水平バイアス、最短点、および点までの距離。

3D 表示オプション

  • RockPlot3D の 3D OpenGL ビューアー内ですべてのソリッドモデルを表示可能。
  • ソリッドモデルの 3D フェンスダイアグラムでの表示
  • ソリッドモデルの等値面または全ボクセルでの表示
  • 新しい Morph プログラムによる動画の作成。複数モデルの時間的変化を表現可能。
  • ソリッドのインタラクティブなフィルタリング
  • ボリューム計算
  • 照明および垂直伸縮の操作
  • インタラクティブな回転とズーム
  • 水平および垂直スライスの挿入
  • カラー凡例の追加
  • 透明表示の調整
  • 他の 3D ダイアグラム等の追加
  • 2D RockWorks 画像(マップなど)やラスタ画像のソリッドモデルへの重ね合わせ
  • サーフェスまたは傾斜面にもとづくモデルの歪みまたは傾き
    OpenGL で 3D 等値面として表示された PCB 汚染プルームのソリッドモデルに色凡例と透明なラスタ画像としてのサイトマップを追加した例。
    水銀プルームの移動例
    標準、傾斜、歪んだモデルの例

2D 表示オプション

  • ソリッドモデルの単一 2D 側面図としての表示
  • ソリッドモデルの複数パネル 2D 断面図としての複数スライス表示
    2D 側面図としてスライスされたソリッドモデル

その他のソリッドモデリングオプション

  • 統計計算、再サンプリング、算術操作、モデル編集、2D 水平・垂直「スライス」のグリッドファイルとしての抽出および挿入
  • データ範囲、ポリゴンオーバーレイ、3D チューブ、制御点からの距離、グリッドサーフェスにもとづくモデルのスムージングとフィルタリング
  • 鉱化帯の厚みや剥土比にもとづくブールモデルの作成とフィルタリング(密度変換は体積を質量に変換)
  • 3D ソリッドモデリングデータファイルの ASCII 形式でのインポートとエクスポート
    ブールフィルタを使って作成されたソリッドモデル

ステレオネット・ダイアグラム

RockWorks では、詳細なステレオネット分析ツールも用意されています。

ステレオネット・データ

  • ステレオネットは、走行傾斜(または傾斜方向、傾斜角度)データから作成されます。線形、平面、またはレーキ要素をプロットできます。
    RockWorks のステレオネット

大円と極

  • 平面データを平面に垂直な大円または極としてプロットできます。
    大円をもつステレオネットとプロットされた極

ユニークな記号

  • ステレオネットはサンプルまたはサンプル群を示すユニークな記号を表示できます。
    ステレオネットに配置されたユニークな記号

ステレオネット統計

  • ステレオネットの統計計算には、平均線方向(mean lineation orientation)、固有値、球分散(spherical variance)が含まれます。
    ステレオネットデータ統計

ステレオネット等高線

  • シンプルなステップ関数または球状ガウス技術によって計算された点密度で等高線状のステレオネットを描画できます。
    等高線化されたステレオネットデータ

ローズダイアグラムとその他の構造地質学ツール

RockWorks にはローズダイアグラムと線構造(リニエーション)分析用ユーティリティが付属します。

ローズダイアグラム

  • ローズダイアグラムは、与えられた方向の直線の数をあらわします。
  • 完全円または半円(北半球180度)のローズダイアグラムを作成できます。
  • 方位データまたは線分終点データからローズダイアグラムを作成できます。
  • カスタムの花弁サイズを指定できます。
    単純ローズダイアグラム
    完全円と半円のローズダイアグラム

単一または複数方向データ分布をもつローズダイアグラム

  • データ(例:古流向&断裂)を回転したり、(長さや方向によって)フィルタをかけることができます。
  • 統計的凡例、平均射線およびエラーを追加できます。また、タイトル、関連射線および円は容易に変更を加えることができます。
    単一方向(左)および二方向データ分布をもつローズダイアグラム

リニエーションマップ

  • 終点座標をもとにマップ上に線要素をプロットします。
  • 異なる線(例:断層鏡肌と水晶脈など)を区別するために、線には色やラインスタイルを設定できます。
    単純リニエーションマップ

リニエーショングリッド

  • 線の度数、長さ、交点またはそれらを重み付きで統合した 2D および 3D の等高線図を作成できます。
    リニエーショングリッド

矢印マップ

  • 単一方向特性(例:古流向)の方位を描画できます。
  • 矢印の色とラインスタイルは特性タイプ毎に変更できます(例:三葉虫跡とアンモナイト跡)。
    矢印マップ

水地球化学:パイパー、シュティフ、ドゥーロフ・ダイアグラム

RockWorks には水文化学データの操作や表示に使用するための各種ユーティリティが装備されています。水地球化学分野のプロットでは最も一般的なパイパーダイアグラムとシュティフダイアグラムも用意されています。

RockWorks Intro – Hydrochemistry

 

パイパーダイアグラム(Piper diagrams )

  • パイパーダイアグラムは、複数サンプルのイオン濃度と総溶解固形分(total dissolved solids)を描画します。
    パイパーダイアグラム
    (Piper diagrams )

シュティフダイアグラム(Stiff diagrams )

  • シュティフダイアグラムは、複数サンプルの相対イオン濃度を描画します。
    シュティフダイアグラム
    (Stiff diagrams )

シュティフダイアグラムマップ

  • マップ上に複数サンプルの相対イオン濃度を表示します。
  • 豊富な縮尺オプション
  • ラベルと軸のオプション
  • 水化学の変異をあらわすのに最適です。
    シュティフダイアグラムマップ

ドゥーロフダイアグラム(Durov Diagrams)

  • ドゥーロフダイアグラムとして水理化学データをプロットします。TDS カラー等高線図の点密度を選択できます。
    ドゥーロフダイアグラム(Durov Diagrams)

その他の水理化学ツール

  • TDS (総溶解固形分) 計算
  • イオンバランス計算

水文学ツール

  • RockWorks で利用可能な水文学ツールには、坑井水位降下と水位図が含まれます。

坑井水位降下(Well drawdown )

  • 単一坑井の水位降下をタイス式で計算し、レポートまたはダイアグラムで表示します。
  • データシートにリストされた複数の揚水または注入坑井の水位降下を(タイス式で)計算し、2D または 3D 電位差測定サーフェスマップを表示します。
    坑井水位降下
    (Well drawdown )

水位図(Hydrographs)

  • 水位図は、帯水層の水位と経時降下によって、浸透率を表示します。
    水位図(Hydrographs)

三角図とその他の統計ツール

RockWorks にはデータを統計的に評価する豊富な手法はもちろん、三角図、散布図、ヒストグラムを作成するツールが装備されています。

三角図(Ternary diagrams)

  • 等密度線(Density contours )
  • 密度カラーフィル
    三角図(Ternary diagrams)

単一変量統計(Univariate statistics)

  • 平均(Mean)
  • 標準偏差 (Standard deviation)
  • 標準誤差(Standard error)
  • メディアン(Median)
  • 和(Sum)
  • 平方和(Sum of squares)
  • 分散(Variance)
  • 歪度(Skewness)
  • 尖度(Kurtosis )

XY 散布図

  • 点間(Point-to-point )曲線プロット
  • 曲線スムージング
  • 線形回帰
  • 多項式回帰
  • 線形および対数スケーリング
    XY 散布図

ヒストグラム

  • 標準偏差にもとづくカラーコーディングと注釈を追加可能(下図)。
  • 線形および対数スケーリング
    ヒストグラム

地質工学ツール

RockWorks には豊富な地質工学ツールが装備されています。

篩(ふるい)ダイアグラム(Sieve Diagrams )

  • このツールを使って単一または複数サンプルの粒径分布をあらわす累積粒径分布ダイアグラムを作成できます。
  • 水平および垂直軸の増加方向は、容易に切り替えることができます。
  • 注釈オプションには、ミリメートル、ミクロン、Udden-Wentworth、ASTM、タイラーメッシュ、USCS が含まれます。
    篩(ふるい)ダイアグラム(Sieve Diagrams )

傾斜/方位分析(Slope/aspect analysis)

  • 傾斜/方位分析 – 3D ビュー
  • 傾斜/方位分析 – 平面図
    傾斜/方位分析 – 3D ビュー
    傾斜/方位分析 – 平面図

グラデーションベクトルマップ

  • 上りと下りの勾配のベクトルマップ
    グラデーションベクトルマップ

斜面変動速度分析(Slope movement velocity analysis )

  • 斜面変動速度分析
    斜面変動速度分析(Slope movement velocity analysis )

その他の地質学ツール:地質年代表、周期表、単位換算、座標系バージョンなど

RockWorks では、下記の地質学ツールとユーティリティをご利用できます。

  • 地質年代表
  • 元素周期表
  • 地球プロットユーティリティ
  • 単位変換
  • 座標変換(下記参照)
  • 構造地質学と三角計算
  • 火成岩識別
  • 幾何計算
  • 三点等高線作成
  • 2D および 3D フローマップ
    赤、ユーザー指定ポリゴンで描画された球体ダイアグラム(地球)

座標変換の詳細

地理座標系 – 23 の投影図を選択可能

変換前 変換後
latitude/longitude (degrees)
緯度/経度(度)
UTM (XY) feet or meters
UTM (XY) フィートまたはメートル
UTM (XY) feet or meters
UTM (XY) フィートまたはメートル
latitude/longitude (degrees)
緯度/経度(度)
Jeffersonian (land grid) points or polygons
Jeffersonian (land grid) 点またはポリゴン
Cartesian (XY)
デカルト座標(XY)

方角と調査データの変換

変換前 変換後
Polar (bearing and distance)
極(方位と距離)
Cartesian (XY)
デカルト(XY)
Cartesian (XY)
デカルト(XY)
Polar (bearing and distance)
極(方位と距離)
Azimuth (compass bearing)
方位角(磁針方角)
Quadrant (compass bearing)
四分円(磁針方角)
Quadrant (compass bearing)
四分円(磁針方角)
Azimuth (compass bearing)
方位角(磁針方角)

座標データ変換

変換前 変換後
Cartesian (XY)
デカルト(XY)
rescale data
再スケールデータ
Cartesian (XY)
デカルト(XY)
rotate data
回転データ
Cartesian (XY)
デカルト(XY)
shift data
シフトデータ
Decimal degrees
十進法経緯度
convert to degrees/minutes/seconds
度/分/秒への変換
Date (mm/dd/yy, m/y etc.)
日付(mm/dd/yy, m/y 等)
convert to decimal "stardates"
十進法「宇宙歴」への変換