HOME > ソフトウェアパッケージ > 文書・ファイル管理/ファイルサーバー > Cumulus (キュムラス) > 製品概要 > 新しい機能 > Cumulus 10.2 で追加された機能
新規購入お見積
アップグレードお見積
Cumulus (キュムラス)
新しい機能

Cumulus 10.2 で追加された機能

  1. Media Delivery Cloud for Cumulus
  2. Portals(共有を非常に簡単に実現)
  3. Cumulus InDesign Client(メタデータの割り当てをシンプルに)
  4. 印刷テンプレートの改良(DAM の印刷テンプレートとの連携の簡素化)

 

Media Delivery Cloud for Cumulus

メディアをレンダリングし、ファイルをエンドユーザーにグローバルに直接配信するより効率的な工法は、eCommerce、WCM (Webコンテンツ管理) 、ERP、PIM (製品情報管理) システム等の全システム領域にわたって行うことです。Media Delivery Cloud for Cumulus は、ビジュアルコンテンツを中央に保存し、サードパーティのシステムでエンドユーザーがアセットにアクセスしたとき、適切なフォーマットと品質でアセットを直接配信します。

Media Delivery Cloud for Cumulus は DAM の画像を Amazon S3 Content Delivery Network (CDN) にキャッシュします。メディアの URL は Cumulus から取得され、アセットは、エンドユーザーに要求されたときにオン・ザ・フライでレンダリングすることができます。

Media Delivery Cloud for Cumulus を導入する主なメリットとしては:

  • 写真や製品画像は中央の DAM からすべて提供され、オリジナルと派生物は中央で管理されていることを保証するために、「本物はソースの1か所」とすることができる
  • インターネット帯域の制限とストレージのコストを削減する
  • 世界中から高速なページ読み込みが可能になりユーザーエクスペリエンスを最適化できる
  • 複数のシステム間で重複を防止し、バージョンや派生を管理する
  • 手動の作業を削減する ― Webサイトに表示する際のクリエイティブチームの作業を軽減する
  • 各システムにCDNを追加する必要がない ― Media Delivery Cloud は CDN として Amazon CloudFront を使用し、すべてのグルーバルな画像配信を処理する

 

Portals(共有を非常に簡単に実現)

これまで販売していた読み取り専用の Sitesアプリケーションを、モバイル・レスポンシブな HTML5 Portals に置き換えた Cumulus X のリリース以来、お客様からのご意見は非常に好意的なものとなっています。直感的なブラウザにより、コンテンツのナビゲーションとプレビューが簡単になりました。しかし、要望の多かった機能の1つを追加しました。それはコレクションでの作業を改善したことです。

Cumulus 10.2 では、Portals のユーザーはコレクションを作成し (コレクションにアセットを追加、コレクションからアセットを削除) 、コレクションのリンクを送信できるようになりました。

Portals のランディングページ用のトップレベルのカテゴリとして任意のカテゴリを設定できるようになりました。指定されたルートカテゴリの下のカテゴリのみ、Portals ユーザーが見ることができ、フィルタパネルで表示されます。

これはコンテンツを外部と共有する営業チームにとって非常に役立ちます。コレクションのリンクは共有を非常に簡単にし、何をどのように、誰とコンテンツを共有するかを完全にコントロールすることができます。これにより、貴重なブランドアセットの保護を保証します。アクセスレベル (プレビュー、ダウンロード、ウォーターマーク付きのダウンロードのみ) を設定できるだけでなく、開始日、期限、パスワード保護などを行えます。

 

Cumulus InDesign Client(メタデータの割り当てをシンプルに)

「私の制作ファイルにメタデータを付加するのに時間をかけていられません」と言うデザイナーはいなくなるでしょう。Cumulus 10.2 のリリースでは、InDesign のユーザーにとってさらに簡単になりました。ファイルに一貫した、役に立つメタデータを適用し、クリエイティブツールを離れることなく、Cumulus に登録することができます。

Cumulus をよく知っているユーザーはメタデータテンプレートを使うと、メタデータを素早く、一貫して付加できることを知っていると思います。これにより、検索結果を正確にし、時間と費用を節約できることになります。このバージョンでは Cumulus InDesign Client 内でレコードパネルまたは情報パネルから同じメタデータテンプレートを適用することができます。強力な Adobe InDesignプラグインは、複数カタログ検索、ソート、読み込み/書き込み、ドラッグ&ドロップ、プレビュー、チェックイン/チェックアウト機能を提供します。

 

印刷テンプレートの改良(DAM の印刷テンプレートとの連携の簡素化)

次のプロジェクトのために、すべて木適切な画像とブランド要素を Cumulus のコレクションやバスケットに集めることを想像してみてください。次にサムネイルとメタデータで PDF を作成し、印刷するか、プロジェクトメンバーと電子的に共有したいとします。これは Cumulus Portals を使えば簡単に行えるようになりました。プレファレンスを設定し、異なるテンプレート・レイアウトから選択することができます。