HOME > ソフトウェアパッケージ > 文書・ファイル管理/ファイルサーバー > Cumulus (キュムラス) > 製品概要
新規購入お見積
アップグレードお見積
Cumulus (キュムラス)
製品概要

製品概要

以下は、ソリューションのベースとなる Cumulus の標準機能をまとめたものです。多くの業務においては、標準機能と設定を組み合わせることで、そのまま使用することができます。

更に、ヒューリンクスでは、業務やワークフローに合わせた機能変更/追加等のカスタマイズソリューションを提供しております。全くのゼロからシステムを構築するよりも、短期間/低コストでのお客様専用のシステムを構築することが可能です。

 

どんなファイルも、どこでも、管理、検索、共有

クリックして拡大

どこからでもコンテンツにアクセス

Cumulus は HTML5 対応設計で、どこからでもブラウザ経由でアクセスすることができます。Macintosh や Windows はもちろん、iPad などのタブレットやスマートフォンからのアクセスも可能です。

洗練されたメタデータ処理

Cumulus はあらゆる種類のメタデータを採取します。一般的な形式はすべて対応しています。メタデータの値を使ってファイルを検索することができます。メタデータを視覚化しワークフローの自動化に利用することも可能です。

ワークフローを効率化、自動化*

従来の手動の処理やコンテンツ作成ワークフローは、オプションの Roboflow とカスタマイズにより自動化することができます。

強力な検索機能

キーワード、タグや語句での検索、カテゴリによる閲覧、カスタマイズ可能なクエリ、ユーザー定義の関連付けなど豊富で柔軟かつ高速な検索機能を提供します。

動画も管理*

動画コンテンツを変換し、プラットフォームやデバイスを跨いで高画質でストリーミングすることができます。

バージョン管理と権限管理

ファイルへの適切なアクセスを確実にするロールと権限を定義することでコンテンツを管理し、すべてのファイルへの変更の履歴を管理することができます。

* マークの付いた機能を利用するにはオプションが必要となります。

 

Cumulus の機能

各種ドキュメント処理機能を標準装備

  • PDF、InDesign、Microsoft Office などのドキュメントをページ分割し、個々の画像も個別に自動でレコードとして登録。同時にテキストもメタ情報をして登録されるので、これらのドキュメントをドラッグアンドドロップで Cumulus に登録するだけですぐに全文検索が可能になります。

  • 以前はオプションとして別途購入が必要だった機能が Cumulus 9.2 では標準装備されました。
PDF の例

その他の高度な機能

  • ユーザー・ライブ・フィルタリング
    表示するものを、あるファイル形式だけに制限したい場合、あるいは特定の取引先に関するアセットだけに制限したい場合、ユーザー・ライブ・フィルタリングを使うと、 フィルタとしてパラメータを設定することができます。必要ないファイル形式を簡単に隠すことができ、使用が許されたものだけを表示したり、任意の組み合わせをすることができます。フィルタを保存し、他のユーザーと共有することもできます。

  • アセットにユーザーコメントの追加
    アセットにユーザーコメントを付けることができます。プレビュー表示で、四角で囲み、コメントを追加し、アイデアを交換し、承認処理をすることができます。すべてのコメントは検索可能で、コメントを使ってアセットを検索することができます。さらに、アセットと一緒に変更要求をアーカイブすることができます。

  • ウォーターマーク (デジタル透かし)
    Canto 独自の技術を使用したウォーターマーク機能を、無料で使用することができます。画像やテキストを埋め込むことができます。

  • 画像エディタ
    登録されている画像を必要に応じて素早く編集することができます。切り抜き、ぼかし、ファイル変換などを、デザイナーが自由に行うことができます。

  • スケジューラ コピー/移動/削除などのスケジュール
    これは強力なワークフローの基盤となるものです。アセットをアーカイブ場所に移動し、一次的なアセットや古いアセットを削除することなどを、メタデータを基準に自動的に行うことができます。

    「コピー」メニューを「Web サイトのステージング」「公開サーバ-」、その他の場所へのコピーとすることができます。メニューを設定するだけで、スケジューラが残りを処理してくれます。

 

Cumulus の管理機能

  • カスタムのメタデータ
    自由にメタデータを格納するフィールドを定義できます。


  • ユーザー管理
    個々のユーザーのアクセス権をコントロール。オプションを使うと「ロール」を追加可能。「シンプル表示」と「上級表示」の2 種類の画面で柔軟に設定できます。


  • カタログのバックアップ
    サーバーを止めることなく、カタログファイルを指定されたスケジュールで別の場所に複製できます。

  • サーバー側のアクセスログ
    サーバーへの接続、切断、レコード・カテゴリの追加、削除などをログファイルとして記録することができます。


  • スケジューラ機能
    予め定義した特定の作業を定期的に実行するように設定できます。

 

カスタマイズの例

Canto Cumulus は、機能を柔軟にカスタマイズすることができます。