HOME > ソフトウェアパッケージ > 文書・ファイル管理/ファイルサーバー > 文織 (あやおり)
新規購入お見積
文織 (あやおり)
RSS (RDF Site Summary) を MS-Office に応用した軽量な文書作成・配信・管理システム

RSS (RDF Site Summary) を MS-Office に応用した
軽量な文書作成・配信・管理システム

  • 「RSS素データベース」と MS-Office の「文織プラグイン」により、MS-Office文書作成と同時に「RSS素」 (弊社の登録商標) を自動作成
  • 文書に関する情報は、コンテンツ内容の分類、配信先、アクセス権限、業務指示(緊急、要回答) などを自由に設定し、追加変更が可能
  • 文書に関する情報を RSSフィードで配信し、RSSリーダーで受信可能
  • 情報交換の履歴を時系列で管理し、最新情報を常に把握
  • 文書に関する情報のコンテンツ内容の分類キーワード (タグ) は、全社的な分類、配信者、受信者個人の分類などが自由に設定可能
  • ユーザーの作成、アクセス権限の設定も装備

 

「文織 (あやおり)」のシステム構成図


 

「文織」の画面イメージと操作の概要


クライアントPCの画面

  • 文書作成
    1. 新規の文書を作成し (通常の Word の操作通り) 、終了時に「文織」メニューをクリックします。
    2. 基本情報は自動作成、個別のメモや指示情報 (メタデータ) を追加入力します。
    3. 送信先やプロジェクトグループ、分類キーワードなどを指定、作成します。

 

「文織」サーバーの管理画面

  • 管理画面の表示項目の説明
    1. RSS でリアルタイムに通知されます。
    2. 「新着文書」で作業すべき文書が表示されます。
    3. 文書一覧や分類キーでデータベース化された文書を表示できます。
    4. 全文検索や絞り込み検索が可能です。

 

「文織」の導入形態

  1. 標準の導入形態
    ソフトウェア (文織プラグインソフト+文織データベース) のパッケージ (ライセンス) を提供します。ライセンス費用と保守費用からなります。
    導入にあたってのインストール作業や教育費用などは要望に応じて、有償でご提供いたします。

  2. 文織をベースとした業種・業務別アプリケーション・システム開発
    これまでの文書監視システム構築のノウハウ、XMLデータ変換ツールの開発・実装の実績を生かして、個別のお客様のニーズに対応したシステムを提案させていただきます。

 

 

※「文織」「RSS素」は株式会社ヒューリンクスの登録商標です。その他の製品名は各社の商標、または登録商標です。