HOME > ソフトウェアパッケージ > 化学/計算化学 > QuantiScan (クウォンティスキャン)
新規購入お見積
QuantiScan (クウォンティスキャン)
ゲル解析、TLC プレート解析、オートラジオグラム解析
製品は英語アプリケーション・英語 PDF マニュアル付きです。
デモ版をお試しください。

QuantiScan は、ポリアクリルアミドゲル電気泳動やアガロースゲル電気泳動により得られた結果の画像をスキャナ (TWAIN 対応) などで読み込み、バンドの濃さをグラフ化、数値化するソフトウェアです。レーンおよびピークの自動認識、ガウス関数によるカーブフィッティングにより、ピーク位置やピーク面積を算出することもできます。もちろん、分子量マーカーを流したレーンを指定して、ピーク位置を分子量に換算することも可能です。画像の取り込みに関しては、TIFF または BMP ファイルに対応しているほか、クリップボードからのペーストも可。カラー画像のグレースケールへの変換、回転、バックグランドの除去、グレースケールの反転等、前処理のための機能も含まれています。

バックグランドの除去に関しては、以下の4つのオプションがあります:

  • Minimum
    レーン内の最も低い値をバックグラウンドとして差し引く
  • Interpolated minimum
    レーン内の2つの最小値を繋いだ直線をバックグラウンドとして差し引く
  • Valley
    レーン内の負のピークトップを繋いだ線をバックグラウンドとして差し引く
  • Edge
    プロファイルのエッジの値を差し引く
  • Polynomial
    多項式による曲線をバックグラウンドとして差し引く(このオプションはauto peak機能で使われるものであり、通常使用できません。)

レーンがセットされると、ピークの中心と幅の指定は、手動またはピーク検索機能により、簡単に指定することができます。ガウス曲線でカーブフィッティングを行うことも可能です。

ピークの位置、高さ、幅、バックグラウンド、面積を含む全てのパラメータに関するレポートを作成することができます。ピークの面積は、シンプソン則(Simpson’s rule)による積分によって計算されます。もちろん、分子量マーカーを流したレーンを基準に他のレーンのピーク位置を分子量へ自動的に換算させることも可能です。