HOME > ソフトウェアパッケージ > 化学/計算化学 > CalcuSyn (カルクシン)
新規購入お見積
CalcuSyn (カルクシン)
投薬効果解析のためのソフトウェア
製品は英語アプリケーション・英語PDFマニュアル+簡易日本語PDF マニュアル付きです。

CalcuSyn Version 2.0 は、薬の組み合わせによって生ずる相乗効果や抑制効果といった現象を自動的に定量化する、薬物併用効果分析ツールの決定版です。複数の薬物を組み合わせる治療法は、現在、ガンやエイズ等の治療で一般的に行われていますが、この分野で有効性を確立し、もっとも幅広く利用されているソフトウェアがこの CalcuSyn です。CalcuSyn は、T-C Chou と P. Talalay によって報告された半数影響濃度:Median Effect 法 (Trends Pharmacol. Sci. 4, 450-454) にもとづいて複数薬物の用量と効果 (dose-effect) を計算します。

Drug Properties ダイアログ

解析結果のレポート例: summaryreport.txt

 

CalcuSyn は、実験データを自動的にグラフ化し、CI (Combination Index) および EDx (Effective Dose%) を含む薬物の併用効果に関する詳細な解析結果のレポートも作成します。EDx と CI の精度の算出は、モンテカルロシミュレーションおよび新たに開発された代数アルゴリズムを用いて行われます。また、プロットは、Dose-Effect、Median-Effect、Isobologram、CI-Effect の各プロットが作成されます。

 

CalcuSyn 2.0 の新機能

  • アンドゥ、リドゥ


  • 結果やグラフの印刷が柔軟にアレンジ可能に


  • 表計算ソフトやワープロソフト、ドローソフトへのエクスポート


  • マニュアルへの解析に関する基礎理論情報追加

 


*1 Median Effect 法: Chou TC and Talalay P. of the Memorial Sloan-Kettering Cancer Center, New York, NY (Trends Pharmacol, Sci, 4, 450-454; Adv Enzyme Regul 1984;22:27-55)