HOME > ソフトウェアパッケージ > APIS IQ (アピスアイキュー) シリーズ
新規購入お見積
APIS IQ (アピスアイキュー) シリーズ
品質管理・機能安全の推進を支援する統合 FMEA ソフトウェア

品質管理 (FMEA/故障モード影響解析)

本製品は国内総発売元のアルゴグラフィックスからの直接販売のみ行うことができます。 お問い合わせは株式会社アルゴグラフィックスまでご連絡ください。お問い合わせフォームはこちら

ヒューリンクスの提供する品質管理 (故障モード影響解析) ソフトウェアは、欧州の OEM (自動車メーカー) やサプライヤーで 20 年以上の運用実績を持っています。自動車機能 安全規格 ISO26262 への対応にも役立ちます。

 

機能安全認定

APIS IQ-RM PRO (6.5) は、SGS-TÜV Saar GmbH により、機能安全に関する認定を受けました。以下の、標準に準拠しています。

  • ISO 26262:2011
  • IEC 61508:2010
  • IEC 62304:2006

 

APIS IQ シリーズの特徴

APIS 社は、ドイツの主要 OEM、サプライヤー、研究機関との取引実績、共同研究により IQ シリーズを進化させてきました。

FMEA を進める場合、組織やプロセスの複雑さがますにつれて、紙ベース -> Excel + マクロ -> FMEA システムへと管理レベルが上がってくるでしょう。例えば、機能安全規格 ISO26262/IEC61508 への準拠を進める過程では、取引先や顧客から管理プロセスを証明することが必要になることもあり、その場合、ソフトウェアの導入、運用の実績も重要な考慮事項となります。IQ は導入数、運用実績は申し分ありません。

フォーム (表形式) の FMEA と違い、IQ では部品間、プロセス間の関係をツリー構造で明確にし、その結果を、各種 FMEA フォームに出力できます。ツリー構造はドラッグ&ドロップで柔軟に変更することができます。

また、構成部品の機能間の関係 (機能ネット) を定義することができ、ある機能を満たすためには、各部品がどのような機能を持たなければならないかを視覚的にまとめることができます。さらに、各故障の関係 (故障ネット) を定義し、ある故障の根本原因を探し、その故障の影響範囲も見ることができます。

FMEA だけでなく、FTA、コントロールプラン、プロセスフローダイアグラム等、品質改善に必要な機能を有機的に統合可能です。

多言語対応で、内部で和英対訳表を持つことができ、日本語で行った入力作業を、英語の FMEA フォームで出力することができ、また、この辞書により、文章の変更は関連するフォーム、画面に反映されます。

 

Microsoft Excel の FMEA との違い

現在、日本国内の多くの企業で MS Excel を使った FMEA が行われています。Excel を使った FMEA には次のようなメリットがありました。

Excel による FMEA のメリット

  • FMEA がフォームで運用されていることからスプレッドシートは親和性が高い
  • 社内のすべてのパソコンに Excel は入っているため、追加のライセンス投資が不要
  • Excel はソフトウェア自体の操作教育が不要

FMEA シートが部門内や機種内に限られたり、主に社内運用である場合には、当面は問題なく行うことができるでしょう。しかし、業界を取り巻く社会環境の変化、グローバル化や業界の垣根が崩れていく中で、次のような問題が発生することが予想されます。

Excel による限界が見えるとき

  • 年を経るにつれて、Excel シートの枚数が増え、設計変更の管理、データのコピーミスが発生する可能性が高まる
  • 製品の機構が複雑になり、全体を見渡すには Excel シートが大きくなりすぎる
  • 熟練技術者は経験的に、部品や機能、故障の関係を理解しているが、経験の浅い技術者は自分の作業の影響範囲が表形式では理解しにくい
  • 海外の設計、製造拠点と多言語で情報をやり取りする時に、Excel ファイルをやり取りすると、古いものの誤用が発生するだけでなく、分割や連結の際のミスの可能性が高まる

このような場合、Excel での運用の限界が見えてきた場合には、専用システムの出番です。専用のシステムを導入することで、上記の問題を解決するだけでなく、次のような効果も出てきます。

専用システムの副次的効果

  • 経験の浅いエンジニアも全体の中での自分の位置付けが明確になり、作業品質が向上する
  • 海外出荷に際し、多様なフォームに毎回コピー&ペーストすることなく、リアルタイムにフォームを切り替えることができる
  • 故障に対する措置に期限を設定することで、システムが追跡するため、対策漏れが少なくなる

Excel 以上の投資が必要になりますが、それ以上の効果が現れることになるでしょう。具体的な経費削減効果ではなく、

  • 機能/故障の見える化により予防/対策の効率化
  • 技術の継承
  • 文化・習慣の違う海外との情報共有基盤

のような製造業の根本的な問題に貢献することになります。

 

APIS IQ をワールドワイドに導入している企業

  • AUDI
  • BMW
  • Carl Zeiss
  • Daimler
  • Delphi
  • MAN
  • MTU
  • Nokia
  • Robert Bosch
  • Siemens
  • Thyssen Krupp
  • TRW
  • Valeo