HOME > テクニカルサポート > 製品 一覧 > KaleidaGraph
ヒューリンクステクニカルサポート
KaleidaGraph に関する皆様からのご質問のうち、よくある質問を掲載しました。
KaleidaGraph プロットの作成
カレイダグラフ製品ページ | 掲載 - 06/10/02

プロット作成例

凡例の編集

この例では、凡例の枠テキストを編集する方法について説明します。凡例の枠の属性は、ツールボックスの下部にある 3つのアイコンで制御します。この例の手順ではツールボックスの最後のアイコンを使用します。このアイコンは、ラインスタイルアイコン (左側) とライン幅 (右側) の 2つのセクションに分かれています。

  1. 凡例の枠の編集
  2. 凡例の文字の編集
  3. 前景色・背景色・塗りパターン・ペンパターンの利用

まず、保存されているプロットを開きます。

  • Examples フォルダ内の Plots フォルダに格納されている Sample Plot ファイルを開きます。

凡例の枠の編集

  1. 凡例をクリックして選択します。
  2. ツールボックスでライン幅アイコンをクリックし ( 上向き矢印および下向き矢印)、ポップアップメニューでヘアラインを選択します。枠が表示されていなかった凡例に、ヘアラインの枠が表示されます。


    ヘアライン 2.0 4.0 シャドウ ダブル
    ヘアライン 2.0 4.0 シャドウ ダブル

  3. ラインスタイルアイコン ( 上下の矢印の左にあるアイコン) をクリックし、ポップアップメニューで点線の1つを選択します。凡例を囲んでいる枠の線が、選択した点線に変わります。


    ヘアライン ヘアライン ヘアライン ヘアライン ヘアライン
    ヘアライン ヘアライン ヘアライン ヘアライン ヘアライン

  4. 次に、ラインスタイルポップアップメニューでなしを選択します。凡例の枠が表示されなくなります。

凡例の文字の編集

  1. ツールボックスの文字ツール () を選択します。このツールを選択するにはアイコンをクリックするか、キーボードの T キーを押します。
  2. 凡例内の 3つのラベルのいずれかをダブルクリックします。文字列編集ダイアログが表示され、文字列を編集することができます。


  3. このダイアログ内の文字を削除したり、任意の情報を入力してみます。フォント、サイズ、スタイルも自由に変更してみてください。
  4. OK をクリックしてプロットに戻り、変化を確かめてください。

    変更した内容は、このラベルだけに影響を与えます。

文字ツールではなく選択矢印 () を使用すると、すべての凡例項目の属性を一度に変更することができます。ただし、選択矢印を使用した場合は、文字を編集することはできません。

  • フォント:Arial、サイズ:18、スタイル:ボールド+イタリックにした例

前景色・背景色・塗りパターン・ペンパターンの利用

シャドウ
 
 

編集例:

 

 

前のページへ戻る

このページの内容は予告なしに変更される場合があります。
記載された商品名、会社名は、各社の商標および登録商標です。
お問い合わせはこちらまで: 株式会社ヒューリンクス テクニカルサポート係
E-Mail: テクニカルサポート専用フォーム
住所: 〒103-0015 東京都中央区日本橋箱崎町5-14
FAX: 03-5642-8381