HOME > ソフトウェアパッケージ > 結晶 > CrystalMaker (クリスタルメーカー)
新規購入お見積
アップグレードお見積

【CrystalMaker 関連製品】

CrystalMaker (クリスタルメーカー)
結晶構造 / 分子構造の操作を可能にする可視化ソフト
お知らせ:最新バージョン 9.2 がリリースされました。新機能はこちらをご覧ください。(15/06/05 )
※製品は英語アプリケーション、英語 PDF マニュアル付きです。(ヒューリンクス製『日本語簡易ユーザーガイドPDF』付属)

CrystalMaker は、結晶構造および分子構造の構築と表示そして多彩な機能を備えた結晶・分子構造設計プログラムです。バージョン 9(Mac版 / Windows 版)の新機能はこちら をご覧ください。

  • 使いやすくてフレキシブル
    CrystalMaker を使えば、結晶構造のデータを読み込むだけで驚くほどハイクオリティな結晶構造を表現できます。画面から結晶が飛び抜けるような 3D ステレオ画像もボタンひとつで作成できます。モデルは、個々の原子、結合および多面体スタイルの細部に至るまでカスタマイズ可能で、定型的な線画はもちろん工夫次第でオリジナリティあふれる分子・結晶構造を作成できます。

  • 完全なインタラクティブ性
    CrystalMaker は、操作結果をリアルタイムに確認しながら、結晶構造データを編集したり新たに一から構築することができます。99回までさかのぼることが可能なアンドゥ機能に加え、ユーザー独自に複数の表示法を設定できます。学校教育から専門研究に至るまでユーザーの探索と発見を最大限支援する理想的なツールといえます。

  • サイエンス・ツール
    CrystalMaker は、完全なサイエンス・プログラムです。主要なデータファイル (CIF, PDB, ICSD, FDAT, SHELX, CSSR, 等) の対応はもちろん、大規模な結晶構造(原子数最大20億個)を表示する能力も備えています。結合と多面体は自動的に計算され表示されます。クラスタ殻や配位ネットワークのダイレクト表示はもちろん、結合距離の出力や誤差伝搬の計算も可能です。

  • 構造特性の探索
    最新プログラムは、構造の複数表示機能、アニメーションおよびムービー出力機能によりユニークなパースペクティヴを提供します。

  • 回折ソフトウェアのインターフェース
    結晶構造はいずれも、メニューボタンひとつで回折パターンをシミュレーションすることができます。※粉末回折(X線および中性子)および単結晶回折(電子顕微鏡、および逆格子セクション)用のオプションプログラムを使用します。

※CrystalMaker 本体には、ヒューリンクス製『日本語簡易ユーザーガイド』(PDF 形式)が付属します。

 

オプション製品

SingleCrystal (Mac/Win)
 SingleCrystal は、CrystalMaker で保存した結晶ファイルから、電子線回折パターンの表示とシミュレートができます。 電子線回折のパターンのシミュレーションと同様に、逆格子空間の特定セクションを、格子か重み付き格子の表示オプション付きで可視化することもでき、その他にも、回折点間のミラー指数、計測距離と角度表示等、数々の機能を実装しています。
CrystalDiffract (Mac/Win)
 結晶ファイルをドラッグ&ドロップするか、CrystalMaker の Powder メニューから、粉末回折パターンを得る事ができます。 「デスクトップの使いやすい回折計」として、MacOSX ネイティブの新しいプログラムは、要望の多かった新しい機能を実装しました。リアルタイムのパラメーターコントロールや最新のシンクロトロン X 線光源や超高解像度中性子破砕光源もサポートしています。
CrystalViewer™ は CrystalMaker の結晶や分子構造を可視化するための無料プログラムです。CrystalMaker 9 とシームレスに動作するように設計されており、高度なグラフィックスのコントロール、表示、距離と角度の測定が可能です。